フェアトレード産品紹介・書籍・映画・食・気になる企画・情報など

微生物研究者の平井孝志先生の新著「微生物から宇宙を考える」

エコブランチ http://www.eco-branch.jp/cn16/cn35/pg1643.html

の鶴田紀子さんから

微生物研究者の平井孝志先生の新著「微生物から宇宙を考える」やっと完成しました‼
とFBでお知らせ  ゆっころんも注文しました! 楽しみです!

「微生物から宇宙を考える ~ いま、意識改革のとき」発刊にあたって

微生物研究者平井孝志先生とのご縁の始まりは、1999年に所属している勉強会の先生から頂いた
1本の講演テープでした。「地球様のなさらんことをしなさんな」という言葉が心に響き、
いつか直接お話を伺いたいと思っていたところ、2000年1月の勉強会でご講演を伺う
ことができ、知りたかった事を学べる喜びで一杯になったことは今も鮮明です。

独学で自然の摂理を師とし、命の根源である水、ミネラル、微生物こそ、
人類を救う「如意棒」との思いで研究され環境再生の道を拓いてこられました。
「微生物様は神様です」「後始末のテクノロジー」「地球時間を忘れない」等々、
環境浄化、再生、保全の仕事をされる中で生まれた数多くの名言に大切な事に
気づかせてもらっています。

1999年、先生が古希の歳に脱稿された「宇宙意識如意棒論(仮題)」の
原稿をお預かりしていました。

人間がつくったものは何もなく、すべて宇宙からのものであり、環境問題は
そのまま命(いのち)の問題と、いのちの根源から語られる、水・ミネラル・
微生物のはたらき、つながりの数々に、さまざまに張り巡らされた循環が
ありありと感じられ人智を超えたいのちの営みに感動します。

長年の微生物研究から導かれた、土のいのち、水のいのち、食のこと、森、
海、農業、牧畜、仏教等々多岐にわたる様々な視点の環境観、宇宙観、生き方
・考え方をまとめられた内容は、古くなっているどころか、現代にこそ
不可欠なものと思います。

原稿が書かれた当初に世に出て、自然の摂理に添って生きることが当たり前
になっていれば、環境も、ここまでにならなかったのではと思われます。

けれど、科学の進歩・発展で微生物研究が進み、森も大地も川も、身体も、
微生物のはたらきなしに健康であり得ないことも広く知られるようになり、
量子物理学の進歩で、荒唐無稽に思われがちだったことも絵空事でないことが
分かってきています。

気候変動、エネルギー、食糧等々あらゆる問題が行き詰まりの様相を呈し、
小手先のテクノロジーで打破することは難しく、根源的な意識改革が求められ
る時代となりました。

いのちの原点に立ち、様々な事を俯瞰された先生の原稿は、今こそ求められる
ものとの思いから発刊することと致しました。

『自分たち、現代はもちろん未来世代の人達の生存条件の具体的有様を思い
描きながら「環境」と受け止めてもらいたい。その思いが、この書を書かせる
原動力の一つにもなっている。… 文中より』

一人でも多くの方のお手元に届き、未来への羅針盤となりますことを願ってやみません。

発行人 株式会社鶴田商会・Eco-Branch  鶴田 清・紀子
2021年8月15日刊

ドキュメンタリー映画『発酵する民』9月18日(土)より、名古屋の映画館「シネマスコーレ」

歌がり、踊りがあり、そして微生物と共にいきる、、、
こんな映画ができたと、なごや国際オーガニック映画祭実行委員会に届きました。
 東日本大震災・原発事故から10年。
あの時に生まれたものは、今も確かに続いている。
コロナ禍の今を照らす、発酵ドキュメンタリー!
        
2021年9月8日(水) 15:59 Takaaki Hirano <blessmoment1@gmail.com>:

なごや国際オーガニック映画祭実行委員会様へ

私は、神奈川県鎌倉市で、ドキュメンタリー映画の制作を行う平野と申します。

 

「発酵」をテーマとした映画上映のご案内をさせてください。

私が監督したドキュメンタリー映画『発酵する民』が、
9月18日(土)より、名古屋の映画館「シネマスコーレ」にて劇場公開致します。

 

7月に東京のユーロスペースで上映されたこの映画は、
口コミが評判を呼び、今後、全国各地の映画館で上映予定です。

今後自主上映会も募集いたします。
よろしければ、詳細ご覧くださいませ。

 

●ドキュメンタリー映画『発酵する民』(92分)
〜3.11から生まれたものが、コロナ禍の今を照らす〜
〜人は微生物と共に生きてゆく〜

 

●予告編
https://www.youtube.com/watch?v=1W4vK1SsWUE

 

●内容
海と山に囲まれた古都・鎌倉。
2011年、このまちを「脱原発パレード」で歩いた女性たちが
「イマジン盆踊り部」を結成した。

彼女たちは、日々の生活の中で浮かび上がってくる思いを唄にして踊り始める。

お酒や味噌、パンづくりの思想から生まれた「発酵盆唄」。
海水を汲み、薪で火を炊いて塩をつくる「塩炊きまつり」。
やがて、風変わりな唄と踊りが、人びとをつなげてゆく。

この映画は、鎌倉や葉山のユーモア溢れる抵抗者たちと、
盆踊りの渦、女性たちの笑い声を描きながら、
人間以外の存在にも耳をすます。

太陽系を縮小した円形の暦「地球暦」のマクロな視点や、
「発酵」のミクロな視点が交差する。
混沌と優しさの中で、何が見つかるだろうか。

東日本大震災・原発事故から10年。
あの時に生まれたものは、今も確かに続いている。
コロナ禍の今を照らす、発酵ドキュメンタリー!

 

●クレジット
出演 瀬能笛里子、大嶋櫻子、山口愛、川崎直美、やまもとゆうすけ
高橋彩、勝見淳平(パラダイスアレイ)、寺田優(寺田本家)、杉山開知(地球暦)

音楽 イマジン盆踊り部、pass into silence
題字 瀬能笛里子 版画 RYOCK
ポスターデザイン 平野絵理
協力 土屋豊 OurPlanetTV 平野由里子
配給 福々映像
監督 平野隆章

 

●上映日程:9月18日(土)〜10月1日(金)(2週間上映)

●上映時間:
9月18日(土)〜24日(金)10時20分〜11時55分
9月25日(土)休映
9月26日(日)〜10月1日(金)12時5分〜13時40分
※舞台挨拶は9月18日(土)、19日(日)、20日(月)

 

●上映館 シネマスコーレ
愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F)
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/

 

●映画『発酵する民』公式サイト
https://fermentfilm.com/

●メディア掲載
greenz
https://greenz.jp/2021/03/02/film_hakkosurutami/
あたらしい日日
https://nichinichi-magazine.com/articles/detail/152/1/1/1
東京新聞
https://tokyo-np.co.jp/article/123216

水俣病を題材とした映画、今秋2本公開

世界にも通用する「ミナマタ」と「フクシマ」

経済的豊かさへの盲従がもたらす負のの遺産と、そこから学ぶことなく繰り返される構造的な差別を,私たちは今一度,見つめなおす事ができたら! とよびかけるAJU「わっぱ通信」増刊号より

「MINAMAT」https://www.youtube.com/watch?v=ZjplIBzGizo

~ユージン・スミスの遺志~

世界的なフォト・ジャーナリストであったユージン・スミスの晩年を描いた実写作品。ユージンのファンであっジョニー・デップが企画し,ユージン役として主演も務めています。

「水俣曼荼羅」https://www.youtube.com/watch?v=zYZ-ye6qGfM

ドキュメンタリー映画監督の原一男氏が、2004年の関西訴訟から撮りためた膨大なフィルムを6時間強(372分)にまとめた大作。「ゆきゆきて、神軍」などで知られる監督。

★エコネットみなまた・はんのうれんの生産者は、水俣病患者と支援者が中心となっていまうs。生産者の共通の痛みとして「反農薬」「有機栽培」「自主販売」を柱に、柑橘類などの出荷・販売をおこなっており、収益の一宇は、水俣病を後生に繰り返さないための様々な活動資金に充てられています。

特定非営利活動法人わっぱの会は、季節のギフトや、春の柑橘類販売などをエコネットみなまたから取り寄せ販売しています。

毎年春になると、ゆっころんの大好きな甘夏を1箱~2箱購入し、甘夏ジャムも作っています。最近は、北区大曽根にある「ソーネおおぞね」のショップで「エコネットみなまた」のひじきを100g621円(税込み)で購入し、ひじきマリネをつくり常備して海藻をいただく様にしています。

以下毎朝メールで届く●つぶつぶ● 365日レシピメルマガより(無料)

 

*材料
ヒジキ 10g
梅酢 大さじ1
なたね油 大さじ2
しょう油 小さじ1/2
・・・・・・・
1. 梅酢、なたね油、しょう油を混ぜ合わせる。
2. ヒジキは戻さず熱湯で5分ゆでる。
3. ②の水を切って、熱いうちに①に浸ける。
*サラダのドレッシングとして使ったり、千切りの青ジソや長ネギなど、好みの生野菜を混ぜたり、蒸し野菜と和えたり、いろいろに活用できます。

「つぶつぶレシピメルマガ」
☆ 製作・著作 ————————
つぶつぶ/フウ未来生活研究所
Fu Future Living Laboratory, Inc.
東京都新宿区弁天町143-5
つぶつぶ公式ホームページ  の情報よりレシピ紹介でした。

【量り売り開始!】 2021年9月1日 南相馬のナタネ油「油菜ちゃん」・これ1つでOK洗剤「えがおの力」

量り売りその1

「なたねオイルの油菜(ゆな)ちゃん」をご存じですか?

ゆっころんの子どものころは、量り売りが普通でした。

油は一升瓶持って買いに行き、味噌も希望分を樽(タル)から木しゃもじで包んでもらい、お豆腐も水槽のなかから取り出し、持参したお弁当箱のような器に入れてもらいました。地域のお店もまだ存在していたのですね。

流通や販売に便利なようにビニールパックや瓶などで売られるようになってから月日は流れ、地球環境危機の今、生産者と買い手を売り手がつなぐ量り売りが始まっています。

10年前の東日本大震災を機に、福島県の一般社団法人 南相馬農地再生協議会のみなさんが、地震と津波、原子力災害に見舞われた農地の再生を願って生み出した菜種油です。

土壌の放射性物質を浄化し、しかも菜種油には残らない!

「ナタネは、数ある作物中で土中の放射性物質を吸収する力が最も強いので、これを栽培することで、少しずつではあるけれど、土中のセシウムを減らすことができるのです」と、教えてくださったのは「NPO法人チェルノブイリ救援・中部」(略称:チェル救)の河田昌東先生です。

これは「バイオレメディエーション」(Bioremediation)と呼ばれる、植物の力を借りて土壌からセシウムを抜いていく方法。時間はかかりますが、チェルノブイリでも実証実験が進められました。

2014年夏、なたねオイルの「油菜ちゃん」が誕生しました。名前とラベルのデザインは、地元の相馬農業高校の生徒さんが考案。菜の花の精とミツバチをイメージした小さな女の子がトレードマーク

★量り売り開始! 2021年6月から法律が変わって量り売りが可能になりました。だから単価も下がりました。容器ご持参ください。 1g=2円+税

脂肪の循環をサポートする万能調整剤 なたね油

①国産有機遺伝子組み換えなしのナタネ

②薬剤や熱処理を行わず、低温圧搾法で、菜種をそのまま絞った生搾り

③「バイオエネルギー」にもなる。
搾油後に大量に残るナタネの茎や葉、食品や畜産物の残渣を微生物のチカラで発酵させて、メタンガスを製造します。ガスにはセシウムは移行しません。

「私達は、3・11のこと、忘れてはならない」

量り売りその1

1つでOKの洗剤 植物由来の多目的な洗剤えがおの力」←詳しくはこちらへ

エコブランチより

成分/米ぬか・やし・松の植物油を使用しています    

・界面活性剤30%(脂肪酸カリウム・脂肪酸アルカノールアミド)
界面活性剤についてもっと詳しく
・安定化剤
液性/弱アルカリ性    1g=2円+税

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★フェアトレード・風”s★ http://huzu.jp/
 携帯:090-8566-2638  huzu@huzu.jp
■古民家カフェ&民泊「風の庭」 kazenoniwa.jp
 豊田市野入町越田和2-5  フェアトレード・風”s in 野入

 

【情報共有サイト『オーガニック給食マップ』オープン!】子どもたちの給食をオーガニックに

【情報共有サイト『オーガニック給食マップ』オープン!】
✨子どもたちの給食をオーガニックに✨
子どもたちのために、また日本の農業を守るために活動していく人々たちを応援する情報共有サイトが本日8月30日(月)オープンしました。

https://organic-lunch-map.studio.site/home

サイト名はオーガニック給食マップ 略して「OKマップ👌」です。

子どもの健康を願う気持ちは皆同じ🤝
このサイトがそういった取り組みに対する機運をさらに高めていく一つのツールになれたらと事務局一同願っています。

ぜひサイトを活用してください!

8/18(水)気候危機は平等と平和の危機(谷口たかひさトーク)オンライン企画

以下 転送 お知らせです。
気候危機の最新情報を聞いていただきたく、オンラインイベントを企画しました。
日本のメディアは報道しませんが、世界では毎日、気候ニュースがトップです。
谷口たかひささんは、最新情報を常にアップデートしています。

本当に地球は取り返しのつかない状況に向かっているのか。
人権と平和がいかに脅かされているか。
希望はないのか。
若者たちのムーブメントを知るためにも、オンラインご参加来てください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
8/18(水)気候危機は平等と平和の危機(谷口たかひさトーク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【オンライントークイベント】
「気候危機は平等と平和の危機
私たちは地球を守れる最後の世代」
(谷口たかひさトーク)
とき:2021 年8⽉ 18 ⽇(水) 19:00〜21:00
参加費:500 円 (カンパをよろしくお願いします)m(_ _)m
申し込み: organicnagoya@outlook.jp
Facebook
https://www.facebook.com/events/166969875480486/

気候変動で最初に失うものは、「自然」ではなく「平和」です。
大量の気候難民、真水を求めての戦争、パンデミックによる貧困の激化と内戦・国際紛争、、、
犠牲になっているのは、途上国の人々、未来世代、多様な生物たちです。
そして、これを引き起こしているのが新自由主義です。
日本でも次の衆院選挙では、各党が政策に盛り込んでくるかもしれません。
しかし、原発や火力発電を容認し、利権にまみれた「気候政策」にするのか、
人々の平等を確保し、持続可能な「気候政策」にするのか、 その違いを見極め、決めるのは私たちです。

<講師紹介:谷口たかひさ>
1988年、大阪府生まれ。 環境活動家&実業家。『地球を守ろう!』代表。
気候危機の認知度を広げるための全国ツアー実施中(年500回)
若者のあいだで「地球を守ろう」ムーブメントを作っている。

◆谷口氏にはオンライン(Zoom)でお話しいただきます。
◇リアルタイムZoom参加の皆様には谷口さんとのQAタイムにも参加していただけます。
◆申込みの皆様は同時視聴参加していただける他、アーカイブ限定配信もいたします。
◇申し込みは必ず下記メールにご連絡下さい。視聴URL送付します。
◆主催:オーガニック名古屋市政の会 organicnagoya@outlook.jp
https://www.facebook.com/groups/2288519781447560
(参加費/カンパ振込先)
UFJ銀行 店番769 口座番号028507
ゆうちょ銀行 店番〇二九 当座 0109857
記号番号 00280-3-109857
オーガニツクナゴヤシセイノカイ

担当:栗原気候危機の最新情報を聞いていただきたく、オンラインイベントを企画しました。
日本のメディアは報道しませんが、世界では毎日、気候ニュースがトップです。
谷口たかひささんは、最新情報を常にアップデートしています。

本当に地球は取り返しのつかない状況に向かっているのか。
人権と平和がいかに脅かされているか。
希望はないのか。
若者たちのムーブメントを知るためにも、オンラインご参加来てください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
8/18(水)気候危機は平等と平和の危機(谷口たかひさトーク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【オンライントークイベント】
「気候危機は平等と平和の危機
私たちは地球を守れる最後の世代」
(谷口たかひさトーク)
とき:2021 年8⽉ 18 ⽇(水) 19:00〜21:00
参加費:500 円 (カンパをよろしくお願いします)m(_ _)m
申し込み: organicnagoya@outlook.jp
Facebook
https://www.facebook.com/events/166969875480486/

気候変動で最初に失うものは、「自然」ではなく「平和」です。
大量の気候難民、真水を求めての戦争、パンデミックによる貧困の激化と内戦・国際紛争、、、
犠牲になっているのは、途上国の人々、未来世代、多様な生物たちです。
そして、これを引き起こしているのが新自由主義です。
日本でも次の衆院選挙では、各党が政策に盛り込んでくるかもしれません。
しかし、原発や火力発電を容認し、利権にまみれた「気候政策」にするのか、
人々の平等を確保し、持続可能な「気候政策」にするのか、 その違いを見極め、決めるのは私たちです。

<講師紹介:谷口たかひさ>
1988年、大阪府生まれ。 環境活動家&実業家。『地球を守ろう!』代表。
気候危機の認知度を広げるための全国ツアー実施中(年500回)
若者のあいだで「地球を守ろう」ムーブメントを作っている。

◆谷口氏にはオンライン(Zoom)でお話しいただきます。
◇リアルタイムZoom参加の皆様には谷口さんとのQAタイムにも参加していただけます。
◆申込みの皆様は同時視聴参加していただける他、アーカイブ限定配信もいたします。
◇申し込みは必ず下記メールにご連絡下さい。視聴URL送付します。
◆主催:オーガニック名古屋市政の会 organicnagoya@outlook.jp
https://www.facebook.com/groups/2288519781447560
(参加費/カンパ振込先)
UFJ銀行 店番769 口座番号028507
ゆうちょ銀行 店番〇二九 当座 0109857
記号番号 00280-3-109857
オーガニツクナゴヤシセイノカイ

担当:栗原

4月26日(月)午前0時までの限定公開 ◎村上和雄ドキュメント「SWITCH」

村上和雄さん追悼映画「祈り」公開はすみましたが
「SWITCH」無料公開のお知らせが届きました。
※4月26日(月)午前0時までの限定公開
◎村上和雄ドキュメント「SWITCH」
https://youtu.be/cQ7n6_ni7bI
・・・・・・・・
科学者、遺伝子研究の村上さんが伝える
サムシンググレート
サムシンググレート に生かされている
私たちの命
サムシンググレートは
私たちの親
親は何を望むか?
子どもの幸せ
だから私たちサムシンググレートの子どもだから
私たちの幸せを
宇宙は願っているということが
なんとなく分かりました。
一人一人がスイッチオンになり
生かされた命を生きる
そんなメッセージを受け取りました。

映画「ブータン 山の教室」名演小劇場で4月24日から公開

”国民総幸福の国”と言われるブータンは、一度は行ってみたいと思っていた国でした。

子どものころにブータンという名前自体がかわいらしく、おかしい、そしてお風呂を沸かすのに石を熱くして、それを水の中に入れると言う話も、とても面白くブータンという国に興味をもっていました。

そしてブータンを有名にしたGNH

「国民総幸福量(GNH)は国民総生産(GNP)よりも重要である」と,1970年代にGNHの概念を提唱したのは,先代のジグミ・シンゲ国王。

この映画のルナナ村までバスの終点から8日間歩いてたどりつく村ルナナ村

彼も徒歩で訪れたようです。民主化*を自ら提唱して国を回ったとも聞いていたのでその時だったのでしょうか?

ブータンの民主化は、2001年にジグミ・シンゲ・ワンチュク(Jigme Singye Wangchuck)前国王が自ら権限を議会に委譲し、プロセスを主導してきた。息子の現国王とともに国内を行脚し、ブータン国民67万人余に民主化の必要を説いて回ったワンチュク前国王は、国営クエンセル(Kuensel)紙によると、「今日の国王は良き君主でも、もし悪しき君主が現れたらどうするのだ?」と人々を諭したという。

生活の原点のブータンを見ることができます。広大な地球の景色を見ることができます。子どもたちの目をみることができます。民族衣装が景色に溶け込み、歌を捧げるとしてブータン民謡が山々にながれます。

しばし、この時間ブータンに浸れます。浸って今の暮らしをみまわしてみませんか?

最後のシーンも印象的でした。

きびしさにむきあって、自然のふところで暮らしている人達は、普通の暮らしのなかに哲学がある、そんな気がします。

映画「ブータン 山の教室」https://bhutanclassroom.com/

ブータンの人々の表情、民族衣装、広大な地球の景色、暮らしのなかの歌

 

2012年11月に私は、この映画にもあったように幾つも幾つも山を越え

 

インド国境からバスで3日がかりの電気のまだ通じてないペマ・ガッツェル県チモン村に行った旅を思い出しています。

ブ-タン東部GNHツア-2012・冬 11月18日~26日参加

映画にもあったように、押し寄せる貨幣価値の波、伝統文化が失われていくことに

戸惑いをみせる長老さんの話も心に残っています。

 

ペマさんのアマ(お母さんと)ゆっころんとアパ(おとうさん)

おとうさん「みなさんがこの村にきてくださったのも文明の利器、飛行機がとべばこそ。

しかし、ここも道路が通ることにより、若者たちがその仕事から得るお金で、いままでの生活とは違った暮らしになっていく,,,,」

出迎えの歓迎

出迎えの人々

バスより見受けた山の中で出会った五体投地の人

チモン村の子どもたち

お祭り

書籍紹介「甘いバナナの苦い現実」と「甘いバナナの苦い真実」に関する3回連続オンライン講座のお知らせ

甘いバナナの苦い現実

P21 「バナナと日本人」が投げかけた問い

鶴見良行著1982年「バナナと日本人」(岩波新書)出版

フィリピンの農民が自分たちの食べないバナナを輸出用に栽培する.。しかも、農民や、バナナ園や梱包作業所で働く労働者、箱詰めされたバナナを船に積む港湾労働者は、定収入・低賃金から抜け出すことはできない。広大なのうちがバナナの単作に転換され、有毒な農薬が農民の健康をむしばむ。農作業が細かく分けられあたかも工場のように生産管理が行われ、自然のリズムを壊していく。「バナナと日本人」はこうした問題を指摘した。

P24 あれから40年、いったいこの間、何が変化し、何が変化しなかったのだろうか。そして、今、バナナが私たちに投げかける問いは、何であろうか。

P28  バナナのブランド化とパッケージ化開発の進展…..たとえば「高地栽培バナナ」に対して、低価格であった低地栽培バナナが「低糖度バナナ」として、ダイエット向きに商品化。

P29   私たちの食を選ぶ権利は大企業に支配され、狭められている傾向にあるのではないだろうか?

p31   自分たちの生活の豊かさや安全を確保するためにリスクを他者に押しつけるあり方は、バナナだけではなく、原子力発電所や米軍・自衛隊基地にも通じる問題である。変化しつつも40年以上も解消していないバナナ生産地の問題にいま一度向き合うことを通じて、他者にリスクをおしつけないライフスタイルとは何かという問いの答えをさがしていきたい。

と石井正子さん他の著者が語りかけます。

APLAがアジア太平洋資料センターと共催で、10月2日、5日、7日、各回19〜21時に『甘いバナナの苦い真実』に関する3回連続オンライン講座を開催。フィリピンから農薬の専門家などにも登壇予定
APLAのウェブサイト※全回参加費無料

 

石井正子編著、アリッサ・パレデス・市橋秀夫・関根佳恵・田坂興亜・田中滋・野川未央著
四六判、388ページ 本体価格=2500円+税
ISN978-4-86187-167-2 C0036 8月刊行予定

日本人がもっとも多く食べている果物バナナ。安さの一方で、主な輸入先のフィリピン・ミンダナオ島では、農薬の空中散布による健康被害や不公正な多国籍企業の活動が目立つ。栽培・流通の知られざる現状を調査に基づいて詳細に描き、倫理的な消費の在り方を問いかける。

目次

序 章 そんなバナナ!?――意外と知らないバナナの話 石井正子
一. 意外と知らないバナナのこと
二. フィリピンの人たちが食べているバナナ
三. バナナから見えてくること
四. 『バナナと日本人』が投げかけた問い
五. 21世紀にバナナが投げかける問い

第1章 ミンダナオ島で輸出用バナナが作られるようになるまで 石井正子
一. なぜミンダナオ島で広がったのか
二. スペインの植民地化に抵抗した南部、植民地化された中北部
三. 独立を前提としたアメリカ植民地統治――地主エリートによる支配の始まり
四. ミンダナオ島への移民入植
五. 日本軍政期の影響
六. 独立からマルコス政権期――輸出用商品作物の生産拡大

第2章 フィリピンでバナナはどう作られているのか
1 バナナ栽培に関わる企業と人びと――農地改革後の変化 石井正子
一. 包括的農地改革法の制定
二. 栽培契約とリース契約
三. 多国籍企業の変化
四. 地場農園の変化
五. アグリビジネスと契約する生産者の変化
六. 栽培契約とリース契約の問題点
七. アグリビジネスによる低農薬栽培バナナ
八. 輸出用バナナ産業の多角化と拡大

2 「高地栽培バナナ」の発見と山間部の変化 アリッサ・パレデス
一. 高地栽培バナナの出現
二. 販売方法の変化と架空の栽培地
三. より高く甘いバナナのより苦い現実
四. 高くて甘いバナナが忘却するもの

第3章 バナナ産業で働く人たちの現実
1 輸出用バナナ産業の周辺で――収穫、梱包、運搬、廃棄バナナ利用 石井正子
一. 数字にみる概要
二. バナナ園での仕事
三. 優良産業の数字には現れない労働者の実態――二つのアグリビジネス
四. 農園から港まで――バナナ園の外での仕事
五. 規格外バナナのゆくえ

2 正規雇用を求める労働者の闘い――スミフル農園の梱包作業所 田中滋
一. 日本のNGOの調査開始
二. 梱包作業所の不当労働
三. 法律を遵守しないスミフルと闘いを続ける労働者
四. 日本の市民・NGOがしてきたこと、これからできること

第4章 バナナ園の農薬散布――毒か薬か
1 バナナをめぐる農薬問題 田坂興亜
一. フィリピンのバナナ園で使用されている農薬
二. バナナに残留する農薬と子どもたちの健康への影響
三. 農薬散布がバナナ園周辺住民の健康に及ぼす影響
四. 子どもたちに安全な食環境を残す

2 フィリピンの農薬空中散布反対運動 アリッサ・パレデス
一. 農薬カクテル
二. 日本人の食のために代償となる命
三. 農薬の空中散布に反対する運動
四. バナナ王のお膝元で
五. 人間が大切にされていない

第5章 多国籍アグリビジネスの再編と新たな「規制」枠組み 関根佳恵
一. 多国籍アグリビジネスとバナナ
二. 多国籍アグリビジネスによるバナナビジネスの形成と再編
三. 多国籍アグリビジネスの新たな戦略――オルタナティヴを「盗用」する
四. 新たな「規制」枠組みの構築

第6章 バナナが食卓に届くまで――サプライチェーンの徹底解剖  市橋秀夫
一. バナナのサプライチェーン
二. バナナはどう輸出されているのか
三. バナナはどう輸入されているのか――保税地域内での工程と輸入業者
四. 追熟加工は誰がどう行うのか
五. 国内流通の短縮効率化と寡占化――卸売市場からコールドチェーンの確立へ
六. 小売店から消費者へ――ブランディング(ブランド戦略)と量販店
七. 誰にどれだけの取り分があるのか――バナナ価格の構成を見る

第7章 私たちはどう食べればよいのか――
1 公正な民衆交易を目指して 市橋秀夫
一. 日本でバナナの民衆交易が始まった
二. 新自由主義のもとでの民衆交易/フェアトレードの変容

2 エシカルな食べ方へ 野川未央
一. オルタナティヴなバナナの現状
二. 多国籍バナナ企業を変えるために
三. エシカルな食べ方へ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::以下 ゆっころんのメモ

第2章 フィリピンでバナナはどう作られているのか 

1 バナナ栽培に関わる企業と人びと――農地改革後の変化 石井正子
四. 地場農園の変化

P91   ラパンダイ農園は、1990年代に、毒性学が専門のフィリピン大学のロメオ・キハノ教授が行った農薬禍の調査により注目されたことがある。中村(2008)によると、キハノ氏が南ダバオ州ハゴノイ町アプラヤ村カムクハーンのラパンダイ農園を調査したところ、約150世帯の700人に農薬による」健康被害の症状が認められた。農薬散布者には十分な防具が支給されていなかった。

だが、こうした告発にもかかわらず、状況は改善されないばかりか、キノハ氏は脅迫を受け、調査に関わった者数名が2003年に名誉毀損の罪で逮捕された。当時、ルイス・”チト”・ロレンソ・ジュニアは農業省長官であった。

(ロレンソ家は、ドゥテルテ大統領一家とも近しい関係にある。ドゥテルテ大統領の娘でダバオ市長のサラ・ドゥテルテの夫は、ラパンダイ社の顧問弁護士を務めている)

P92 アグリビジネスの変化として注目すべきは、フィリピン系資本の参入拡大である。それらは、タデコ社やラパンダイ社のうように、財閥であり、一族が地方政治や国政に大きな影響力を持つ。司法手続きを有利に運ぶ事ができ、反対勢力に対しては警察や暴力集団を動員できる。

第2章 フィリピンでバナナはどう作られているのか
五. アグリビジネスと契約する生産者の変化

P93 自立の道を歩むチェッカード農業協同組合

北ダバオ州パナボ市にあるチェッカード農業協同組合は、農地改革前はドール系列の農園であった。チェッカード農業協同組合を96年に設立。ドール・スタンフィルコ社との栽培契約を結び、輸出用のバナナの栽培を継続した。

実はドールは土地分配時に、自分たちに都合のいい御用組合を作ろうとした。これに対し、ファームコープが受益者自身による共同組合のお立ち上げを応援した。ファームコープは、1995年に農地改革の受益者を支援するために設立されたNGO。(バナナ園の農地改革の受益者の多くは、元農業労働者であるため、アグリビジネスと契約を結ぶうえでの法律の知識や融資の受け方、農園経営の知識がたりない。そのノウハウを受益者が得ることの支援を行っている)

しかしドール・スタンフィルコ社との栽培契約では自立の道を歩むことはできなかった。…..その後より好条件の契約をもとめユニフルティーとの栽培契約に切り替えた。交渉にあたっては、ファームコープの支援を受けた。

P97  好条件を獲得するのは、協同組合メンバーの合意形成ができるかが鍵となる。アグリビジネスはこの課程で御用組合をつくり、メンバーの分断を図ることがあった。

六. 栽培契約とリース契約の問題点

P106    2004年に南コタバト州ラコノン村のティボリ村のティボリ人の住民は、フォリピ系資本のソリアノ財閥のAMSグループ会社と25年間のリース契約を結んだ。

そのご借り主がスミフル(日本の商社)に変更になった。

ところが2017年11月、ティボリ人の地権者たちがピケを張り、スミフルに抗議をする事件が起こった。リース代が毎年分振り込まれていない、医療補助や奨学金が十分に提供されていんまい、バナナ1箱pあたりの手当が支払われていない、などが理由である。(アジア太平洋資料センター制作・発売DVD[甘いバナナの苦い現実」参照)

P107 リース契約においては、安いリース料、長い契約期間に加えて、地権者は自分の土地の裁量権を一切失う。企業の設備投資代が地権者負担とされ、リース代から差し引かれるなど搾取の例も報告されている。10~30年の長い期間中、農薬を継続使用した単作が行われるため、契約期間後には、土地がすっかりやせ細る。

ミンダナオ島では、先住民の生活水準や教育水準は低く、困難な状況におかれている。子どもの学校教育や医療費に現金収入が必要であるなか、リース契約は魅力的な選択肢にみえる。

それゆえに、英語で書かれた契約書の内容を十分に検討できないまま、口約束を信じて、契約書にサインすることがある。キノハ教授は、高地での農薬空中散布は対象となるバナナ農園だけではなく、水系を汚染するため、深刻な問題に発展すると警告している。

2 「高地栽培バナナ」の発見と山間部の変化 アリッサ・パレデス
一. 高地栽培バナナの出現

高地栽培バナナは、ダバオ市郊外のカリナン地区のマヌエル・ギアンガ村にあるプランテ^ション・ワンと言う農場で発見された。

なつかしい台湾バナナの味 1960年代に至るまで、日本では上流階級以外の庶民は、入院中などの病気の時に台湾バナナを口にするのがやっとであった。…バナナ輸入組合の創設に関わった清水信次氏は、サラリーマンの平均収入が1万~1万5000円程度であった57年ごろのバナナは、5~6本で250円一房あたり5000円にも相当する価格であったと回想。

三. より高く甘いバナナのより苦い現実

p144   スマトラ島のゴム、タバコ、アブラヤシのプランテーションを調査した人類学者アン・ローラ・ストーラーは、プランテーションの進出とは「機会をもたらす侵略である」という。

第3章 バナナ産業で働く人たちの現実

2 正規雇用を求める労働者の闘い――スミフル農園の梱包作業所 田中滋
一. 日本のNGOの調査開始

2018年10月4日ダバオ市のニュースサイト「ダバオ・トゥデイ」に、スミフル社に関する記事が報じられた。スミフル社の労働者らがストライキに踏み切ることで、同社系列の大部分がマヒしたというのだ。

一週間後、続報を読んだ。記事によるとフィリピン国軍や警察に連れてこられた「所属不明の男たち」がストライキに参加した労働者らに暴行を働き、少なくとも7人が負傷。「日系企業に忖度して、国軍や警察が暴力行為を働いたのだ」と直感した。

現地で一緒に行動するパートナーNGOのFoE Japanと相談、調査日程が決まり出した11月1日、現地時間10月31日の夕方にストライキに参加している労働者ダニー・ボーイ・バウティスタ氏が射殺される事件があったと報道された。

2018年12月14日、ミンダナオ島北部での鉱山地帯の調査を終えてダバオ市へ。コンポステラヴァレー州のコンポステラ町に到着した時には、労働者が話しを聞いてほしいと100名以上が集まるはずだった組合事務所兼組合代表宅が放火され火がくすぶっていた。

著しい低賃金

労働者に不利な、圧縮された週労働時間制度

給与計算は適正か

悪質な偽装請負

労働者は「スミフルの社員である」と証言しているが、会社側の見解は異なる.仲介機関によって運営されており、その社員であるという。作業所には「スミフル」の看板が設置されており、作業所内の安全配慮をよびかけるポスター、作業所内で使われるエプロンやヘアネットという備品などいたるところにスミフルのロゴが添付されているからだ。そしてスミフルブランドのバナナを出荷している。

事実上の雇用関係煮ありながらも、仲介機関の社員であるとすることで、スミフル社内労働組合を設立させなかったり、現地法人であるスミフル・フィリピン社の正社員と同等待遇での雇用を回避したりしている。これらは悪質な偽装請負である。

三. 法律を遵守しないスミフルと闘いを続ける労働者

最高裁が偽装請負であると判断

フェアトレード・チョコ入荷しました! 

紅葉の行楽情報が流れる秋になりました。

今年も、チョコレートの季節が訪れました。

AW19_07新作板チョコ紹介

10月6日朝日新聞の別刷り日曜版「GLOBE」の裏表紙に、三菱商事のサステナビリティ/トレーサビリティ政策を広報する全面広告記事が掲載されました。

 「カカオを摘み取ったのは、チョコを手にする子どもたち同様、幼い手だったかもしれない–。」

 「自分たちが口にするものがどこでどのように育てられ、加工され、運ばれてくるのかを知ろうとする動きは、消費者の間に近年広がっている。」

 「日々何を飲み、食べ、使うのか。私たちの選択の一つひとつが、未来を育てる種となっていく。」

同社は、環境と人権に配慮したサステナブルな食品原料の調達を進めていると訴えています。

この新聞広告のように社会は、持続可能な世界にむかって動いていると感じます。その動きをすすめている一つにはフェアトレード、そして若者たちです。

9月下旬世界中で展開された若者たちの「グローバル気候マーチ」 にもあるように、環境問題は切実です。今回の19号台風はその現れか、命を生活を一夜にして奪い去ります。

環境や人権問題を考え、本当の美味しさを味わって頂けるフェアトレードのチョコレートを今年も楽しんで、消費者として買い物から地球の未来を選択してください。

な・に・よ・り、遺伝子組み替えもない、乳化剤など添加物もない、そして児童労働による材料を使わないフェアトレードのチョコは、味も心もじ~~んと美味しいチョコです。