お知らせ

なふたうん新聞120号発行・2019年12月15日なごや国際オーガニック映画祭プレ企画案内

なふたうん新聞120号発行←こちら

12月15日 なごや国際オーガニック映画祭 プレ企画開催の案内しています。

土に関わる暮らしをスタートしよう! 食べることで命があることをこころして

本来幸せな生きものである人間、食べ物は本来良質であるはず。。。

午前・午後 各回 予約 70名様まで

お申込は下記まで

https://ssl.form-mailer.jp/fms/6879408b634969

以下字幕より

身体と地球と土の健康を重視、地球環境の変化によって予想される食料危機を解決するには畑を耕せばいい。

今のままではダメだと人は気付いている。どうすれば望む未来に行き着くのか考えなきゃ・・・とこの映画は語ります。

振り返ってみて、今ここで立ち止まってやり方を変える

人間はもともと幸せな生きもの

食べ物だって本来は良質だったはず

農業に化石燃料を注ぎこみ

生産を増やすために、単一食物栽培で農薬と化学肥料を使い

農産物の価格を下げることに成功した。

私たちは過去30~40年間石油を食べてきた。

戦争で使った毒ガスを農薬で使ってきた。

食のシステムが私たちをゆっくり汚染してゆく

靜かな集団自殺

これは靜かな集団自殺です。

目の前の問題を私たちはないとして、地球をどんどんダメにしてゆく

地域で食について考え話しあう機会があれば

地球のこと、他の人のことをもっと考えるようになる

みんなつながっているからね

すべてをつなげる唯一のものが食のシステム

なぜなら誰もが食べるから

経済のシステムを変えられないのなら、

食べ物を経済システムから外してしまえばいい

自然と闘う今の農業ではないもう一つの農業をめざす

食料基盤のない街は危うい

問題が山積の世の中だけれど。食こそ人々の力で変えられる

以上映画の字幕より

 

この映画のメッセージしっかり受取って、この続き映画で見て下さい。

当日のゲストのお話もさらに深くこころに届くかもしれません。新しい年をもうすぐそこに迎える12月、新しい都市についても考えてみませんか? そして是非、土に関わる暮らしをスタートさせてみてください。そんな機会になったらいいな~~~。

【9/20 グローバル気候マーチ@栄】のお知らせ

スウェーデンの16歳の少女が、気候対策をサボる大人たちを叱りつけるように、1人で国会前デモを始めた話は、皆さん、お聞き及びと思います。

彼女に世界の若者が呼応して、今まで2回の世界的なデモが行われました。

次は9月20日です。国連の気候サミット(9月23日)に向けて、今回はさらに大規模に世界150ヵ国以上で若者デモが計画され、大人の皆さんにも参加を呼び掛けています。

日本では、「グローバル気候マーチ」と名付けられ、仙台・福島・東京・京都・大阪・神戸・福岡・鹿児島・沖縄で計画され、名古屋では3つのグループと個人がマーチを行います。

世界最大のマーチにぜひご参加ください。

名古屋の若者グループ「Climate Action Nagoya」の呼びかけ文を後述します。

【9/20 グローバル気候マーチ@栄】

集合: 9月20日(金)午後5時

@栄広場付近(三越北)

マーチ出発: 午後5時30分

ルート: 栄広場西側~大津通を南下~若宮大通を左折~久屋大通を北上~広小路手前で流れ解散

 

手作りのプラカード、コスチュームやグッズを持ち寄りましよう!

問合せ: 尾形 lizardisland7@gmail.com

090-9928-3299

【 Climate Action Nagoya 呼びかけ文】

環境問題に関心ある皆さま

2019年9月1日

 

Climate Action Nagoya

クライメット・アクション名古屋

呼びかけ人代表

榊原 平

 

私たちは、世界中の若者とともに、差し迫る気候変動に立ち向かおうとしている名古屋のグループです。9月20日金曜日、私たちは世界のリーダー達に、地球の温暖化が緊急事態であることを訴え、「気候正義」に向けて大々的なアクションを取るよう呼びかけて、名古屋の街をマーチします!

註:「気候正義」:気候危機の責任のほとんどが先進国にあるのに、発展途上国がその犠牲になっている現実を正すこと。

9月23日に開幕する国連の緊急気候サミット。それに先がけて、世界中で、日本中で、グローバル気候マーチが行われます。「気候正義」を求めて、世界中の若者が地球のためにが団結するのです。この運動は、16歳のスウェーデンの少女、グレタ・トゥンベリが毎週、国会前で行った1人ストライキから始まりました。
2018年10月にICPPが、地表温度の上昇を1.5度に抑えないと、地球上のすべての生物を危険に及ぼすほど気候変動が深刻になると警告しました。1.5度に抑えるには、2030年までに温室効果ガス排出量を45%(2010年比)削減しなければなりません。あと12年もありません。今のままでは絶望的です。日本政府は、2030年までに26%(2013年比)削減という高い目標を、来年までに再提出すべく準備を始めるべきです。

このままでは、異常気象はさらに顕著になり、多くの動植物種が絶滅し、生物多様性が失われ、食料は不足し、貧困は深刻になり、世界各地で絶望的な人口移動が起こるでしょう。気候科学者達は、何十年も前から地球温暖化を警告してきました。もう、無視できないところまで来ました。

 

私たちは、今、大々的な行動を起こさなければなりません。世界のリーダー達に、私たちのたった一つの故郷である地球を守ること、それを最優先するよう訴えましょう。

 

若者たちのグローバル気候マーチに、大人も参加してください。私たちは、子供たちやその先の世代の未来を守る責任があります。

私たちの地球を守りましょう!

ーーーーーーーーーーーー以上転送でしたーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆっころんの近況

8月4日~23日までピースボートで日本一周(広島・鹿児島・長崎・石巻が私の目的地、他には釜山・金沢・ウラジオストック・釧路・函館・室蘭に寄港)

8月31日~9月1日まで 急きょ孫のお守りで名古屋を留守に。

というわけでもう9月7日、近日中に「なふたうん新聞」も発行予定

お盆休みのお知らせ

フェアトレード・ショップ風”s正文館店は

8月11日(日)~15日(木)までお休みです。

16日から営業。定休日は月・火曜日

営業時間は、12~18時

定休日変更のお知らせ=月曜日・火曜日

2019年7月1日より

定休日が、月曜日・火曜日となりました。

営業時間は、12~18時

よろしくお願い申しあげます。

フェアトレード・ショップ風”s 正文館店(ふ~ず しょうぶんかん)

〒461-0015 名古屋市東区東片端町49

正文館書店本店2F

052-932-7373 T&F

7月から月火休み、12~18時営業)

 HP : http://huzu.jp/ 
名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会(なふたうん)
090-8566-2638  huzu■huzu.jp  (■は@) 土井ゆきこ

6月29日(土)第5回だらっと憲法カフェin オゾン

沖縄の問題を学ぶのではなく、

沖縄を見ながら私たちの問題について考えます

住民の7割の意見は尊重されない!?

 

辺野古の海に基地を作るために、あの美しい海に、毎日土砂を入れ続けている。

愛知での基地作りに住民の7割の意見は尊重されるだろうか?

 

【日時】2019年6月29日(第5土曜日)朝10:00−12:30

 

【場所】フェアトレード&エコショップ オゾン2F

(名古屋市東区大曽根町40-6、JR大曽根駅南口西へ3分、左側3階建てビル)

 

【レポート担当】 たかだ洋子

 

【内容】今回の憲法カフェでは、大学のゼミ形式で、レポート報告を参加者の皆さん

に聞いてもらうことにしました。

 

日本の司法判断について、法律の教科書には何が書いてあるのか。

 

自衛隊の前身である「警察予備隊」は、どういう経緯で誕生したのか。誕生の

秘密からその性格を知る。

 

米軍基地は沖縄にあると思い込んでいるが、重要な米軍基地の多くは首都圏にあります。

 

お茶を飲みながら、案内人のレポートのあと意見交流します。

 

【参加費】500円(フェアトレード・コーヒーあり・マイカップ持参)

【主催】 だらっと憲法カフェ

【申込】 フェアトレードショップ風“s  (土井) huzu@huzu.jp

フェアトレード&エコショップオゾン phone 052-935-8738

―――――――――いままでの「だらっと憲法カフェin オゾン――――――――――

第1回3月31日「チャールズ・オーバービーさんを偲ぶ会」

第2回6月30日お話会「女性議員が増えると何かいいことあるの?」講師:たかだ洋子

第3回9月29日いつも顔を洗うようにいつも憲法のことを考えられたらいいねと「憲法カフェ」オープン講師:近藤真

第4回2月2日名張毒ぶどう酒事件の真実を求めて 〜取材現場より〜講師:門脇康郎

5月10日は、オーガニックコットンの日。5月15日(水)まで10~20%割引

5月10日は、オーガニックコットンの日。

 

10~20%割引、5月15日(水)まで!

20%割引は、トックリのTシャツとオフタートルのTシャツ

15%割引は、七分袖、半袖、タンクトップなどこれからの季節のもの

10%割引は、ワンピース、アンダーウェア-、ベビー服など

コットンボール

「知ってました?」

世界のオーガニックコットンの生産量は2%にも満たないこと

「オーガニックコットンとは?」

オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニックコットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニックコットン製品といいます。(日本オーガニックコットン協会HPより)

「どうしてオーガニックコットン?」

フェアトレードの

オーガニックコットンの選択は、環境や人権も守ります。

ピープルツリーのHPより

コットンの収穫時は、枯葉剤を使わず給水を断ち、霜によって葉が落ちるのを待ちます。
ひとつひとつていねいにコットンボールを手摘みするのも時間のかかる作業です。

1960年代以降、農薬や化学肥料などを使った近代的農法が農民に利益をもたらすもの
として急速に広まり、こうした手間のかかる伝統的な農法は廃れてしまいました。

現在、 オーガニックコットンの生産量は、全コットンの約2%未満とも言われています。
その反面、インド国内で使用される農薬の50%近くがコットン畑に使われているのです。

オーガニックコットンは、着る人だけでなく、つくる人にも地球にもやさしい選択なのです。

 

ふ~ず新聞 115号5月1日発行

野入「風の庭」にて

5月3日は憲法記念日、空気のように、水のように大切な日本国憲法。

世界の平和を願う人々の羨望の日本国憲法。大切にしたい。

日本国憲法は、世界の平和へ貢献できる私達の誇るべき宝だと思います。

同時に世界に、又日本に広がる貧困の問題を解決をすることも平和への大切な道、いずれも私達にできることはあると思います。

日々の暮らしに流れやすい私達ですが、立ち止まって考える憲法記念日です。​

毎月1回月初めに発行しているなふたうん新聞

「名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会」の月報誌です。今月は6月15日に開催「第4回 フェアトレード・タウンを動かす!元気な若者たちのスピーチ〜SDGsの未来に、買い物で楽しく投票〜」 昨年の様子は こちら→ http://www.nagoya-fairtrade.net/?p=20977 の企画に

 3万円を募るファンディングをスタートさせました。

講師を招いて学びやワークショップの講座もあります。資金もなにもない「なふたうん」メンバーからのお願いです、

 

ただいま目標額の半分と少し達成し、あと12000円(1口1000円何口でも)、5月10日迄募集しています。企画する若者たちに、また参加する若者たちを是非応援して頂きたく思います。

■■■なふたうん新聞 115号■■■2019年5月1日